icon-plane ロングステイ希望国・地域でマレーシアが12年連続1位

ロングステイ希望国・地域でマレーシアが12年連続1位

 

ロングステイ希望国のランキングで、マレーシアが12連続でトップとなった。

 

一般財団法人ロングステイ財団(東京都港区)は2日、「ロングステイ希望国・地域 2017」を発表した。1位は12年連続でマレーシア。長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」制度の充実、気候、治安、医療水準に加え、ロングステイ希望国トップとしてのイメージが定着していると分析している。続いて2位はタイ、3位はハワイ。上位3位は7年連続で順位が変わらない。

 

ランキングは、2017年1月~12月までに当財団が主催・後援したイベント参加者を対象としたアンケート「ロングステイに関する意識調査」をもとに作成された。(10,409 名うち有効回答数1,608)内容の詳細については、10月に改めて発表される予定。

 

記事掲載日時:2018年04月05日 10:16