icon-plane マレーシアはアジア太平洋で5番目に平和な国に

マレーシアはアジア太平洋で5番目に平和な国に

 

「世界平和指数」で、マレーシアは昨年より順位が上がり25位となった。

 

シンクタンク「Institute for Economics and Peace 」が6月6日に発表した「世界平和指数(Global Peace Index)2018」で、マレーシアは昨年より4位上がって25位になったことがわかった。

 

全体のスコアでは、アイスランドが1位、ニュージーランドが2位、3位オーストリア、4位ポルトガル、5位デンマーク、6位カナダ、7位チェコ、8位シンガポール、9位日本、10位アイルランドとなった。日本は9位になったが昨年よりランクダウン。なお世界全体の平和度はこの10年で最低となった。

 

アジア太平洋で見ると、ニュージーランドが1位。2位はシンガポール、3位が日本、4位がブータンで、マレーシアは5番目に平和な国へ上昇した。近隣国を見ると、シンガポールが8位、台湾34位、ラオス46位、インドネシア55位。なおミャンマーは大きくポイントを落とした。

 

アイスランドとニュージーランドはトップ3の多くを独占。一方で南スーダン、アフガニスタン、シリアが最下位になった。

 

記事掲載日時:2018年06月07日 08:49