icon-plane マハティール首相がオープンハウスで5万5000人と握手

マハティール首相がオープンハウスで5万5000人と握手

 

マハティール首相が開催したハリラヤのオープンハウスで、首相は5万5000人と握手した。ベルナマが伝えた。

 

6月15日、マハティール首相が開催したハリラヤのオープンハウスには8万人もの人が詰めかけた。首相は5万5000人と握手した。ベルナマが伝えた。

 

マレーシアでは6月15日断食明けのお祭り「ハリラヤ」が始まった。これは一ヶ月の断食を祝うお祭りでイスラム教徒にとっては重要の日。オープンハウスは自宅などを開放しお客をもてなすマレーシアの習慣で、毎年、この時期首相官邸ではオープンハウスが行われ、一般の人々を招待する。

 

マハティール首相の公邸にはこの日約80,000人が詰めかけた。この人数は当初の見積もりであった5万人を超えていた。オープンハウスは10時に開始され、4時30分に終了した。外国人旅行者も参加した。あまりにも参加者が多かったため、門は予定より1時間早く9時に開いた。

 

また、マハティール首相は6月17日、中国アリババ・グループのジャック・マーと会見し、意見交換を行った。ジャック・マーはクアラルンプールのバンサー・サウスにアリババ・グループの東南アジアで初の支店をオープンする予定で訪馬していた。

 

写真はマハティール首相のTwitterより。

 

記事掲載日時:2018年06月20日 06:07