icon-plane GOASIAPLUSがマレーシア初の顔認証配布機を導入

GOASIAPLUSがマレーシア初の顔認証配布機を導入

 

6月末に、エアポートフリーマガジンの「GOASIAPLUS」が、顔認証付きの自動配布機を導入し、新聞などで話題になっている。

 

「GOASIAPLUS」は今回マレーシアで初の「顔認証付きの自動配布機」を導入した。GOASIAPLUSは、空港などで配っている英語の月刊エアポートフリーマガジン。観光やショッピング、食事などの旅行情報を主に扱っており、月間1万2000部を配布する。今回、自動配布機が登場したのは、KLIA2(クアラルプール第二国際空港)。

 

自動配布機は雑誌自販機の無料バージョンで、お金を入れる代わりに顔認証で配布する。一度顔認証すると、来月号までは同じ号はもらえない仕組みだ。

 

この方法は、英字紙スターが取り上げるなど話題になっている。シニアマネジャーのヨン・ワン・チンさんは「たくさんの人から、無料雑誌を配るのに、なぜわざわざ機械を入れるのか? と聞かれた。製品のサンプルを同梱していることもあり、一人で数部を持っていくケースがあった。これでフェアに配布できるし、見た目も良く喜ばれている」と話す。

 

マシンが設置されているのは、Gateway@KLIA2モールの、出発ホールレベル3のアイスクリーム「Baskin-Robbins」の近く。導入後約2週間で2000部を配布した。この他、KLIA、KLIA2の他、AEROバスやKLIAエクスプレス駅などにて配布している。

 

記事掲載日時:2018年07月09日 17:36