icon-plane KLフォーシーズンズ・プレイスに「寿司ひびき」がオープン

KLフォーシーズンズ・プレイスに「寿司ひびき」がオープン

 

7月12日、クアラルンプールに「寿司ひびき」がグランドオープンする。(マレーシアマガジン=横山ゆき)

 

7月12日、クアラルンプールに「寿司ひびき」がグランドオープンする。場所はKLCCの隣に新設されたフォーシーズンス・プレイス・ショップスの中。

 

伝統的な手法で、日本の寿司を振る舞う。店内には、和とコンテンポラリーの融合である、モダンなインテリアを採用する。カウンター席が9席と、4人掛けのテーブル席が3つ。

 

板前の斎藤誠さんは20年以上、日本、オーストラリア、イタリア、マレーシアなどで料理人として活躍。代表的なレストランは、ザ・リッツ・カールトン京都とクアラルンプールの「すし麻布」。「おいしい寿司を握るのは当たり前。お客様がこのレストランに来て本当によかったと思ってもらいたい。誰と食べるかの方が、何を食べるかよりはるかに大事。お客様が国や宗教を超えて交流し、会話を楽しむことが何よりの望みです」と、斎藤さん。

 

メニューは寿司とお刺身のコースが主となる。「季節のおまかせコース」は、日本の市場から届いた新鮮なネタを季節ごとに楽しめる。コースは、前菜から始まり、茶わん蒸し、寿司セット、味噌汁、そしてデザート。アラカルトのオーダーも可能。価格はスタンダードコースがRM240〜など。

 

予約のみ受け付ける。

 

住所 i Lot B1-04(A), Basement 1, Shoppes at Four Seasons Place Kuala Lumpur, No. 145, Jalan Ampang, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia.
営業時間1230 – 1430 1800 ~ (last order 2200)
価格(2018年7月現在)
Standard Course – RM240
Premium Nigiri Course – RM360
Seasonal Omakase Course – RM480 ほか

 

記事掲載日時:2018年07月11日 14:16