icon-plane 166人をW杯の賭博容疑で逮捕

166人をW杯の賭博容疑で逮捕

イポーで爆弾見つかる

 

クアラルンプールの警察は、166人をW杯の賭博容疑で逮捕したと発表した。

 

クアラルンプールで、166人がW杯中に賭けをしたとして逮捕された。

 

警察は7月15日までに159の捜査を行なった。逮捕されたのは、18歳から65歳で、賭けはWeChatやWhatsAppなどのメッセージアプリで行われていた。警察は、RM8339相当の168台のスマートフォンと5台のコンピュータを押収。なお、前回のW杯に比べても、賭け事で摘発された数は増加した。

 

警察では賭け事に参加しないように呼びかけている。

 

 

版権: prathaan / 123RF 写真素材

記事掲載日時:2018年07月19日 08:54