icon-plane マレーシア大学留学が静かなブームです!

マレーシア大学留学が静かなブームです!

 

マレーシアの大学へ正規留学する日本人が増えています。一体なぜなのか? 今回からマレーシア大学への留学をサポートしているKNAIN MALAYSIA SDN BHDの渡部葵さんによる連載が始まります。

 

こんにちは! 「おまかせ!マレーシア留学(http://www.omakase-malaysia.com/)」の渡部 葵(わたなべ あおい)と申します。「マレーシア留学をもっと盛り上げよう!」ということで、マレーシアマガジンさんで連載をスタートすることになりました。初回記事ということで、マレーシアへの大学進学の基本情報について、お伝えします。

 

マレーシア留学にはどんなメリットがあるの?

 

マレーシア留学のメリットは人それぞれです。

 

まず、多民族国家であるマレーシアで学ぶことで、多種多様な文化・考え方に対応できます。「海外で生きていく力」は、その後の就職活動〜社会人生活でもきっと生きることでしょう。

 

実際、「留学経験者を積極採用したい」という企業採用担当の方も多く、経験が仕事で役に立つことを期待しているようです(トビタテ留学資料https://mext.s3.amazonaws.com/2017/06/20170629.pdf)。私自身、マレーシア留学〜新卒海外就職を経ているので、「キャリアに留学がどう生きるのか?」についても今後書いてみようと思います。

 

また、欧米諸国への留学を費用面で断念した人でも、トランスファープログラム(マレーシアで数年学んでから欧米に単位を移行できるシステム)を活用すれば「コストを抑えて欧米への渡航を実現」することができます。

 

だれでもマレーシア留学に挑戦出来る?

 

基本的に年齢制限は特にありません。過去に弊社でサポートした方の中には60代の方もいらっしゃるほど! 日頃から多くのご相談をいただきますが、高校卒業を控えた高校生の方、一度社会人を経験された方など、マレーシア留学に挑戦する方のバックグラウンドはさまざまです。もし少しでもチャレンジしてみたいという場合は是非一度、ご連絡ください。(ただし語学学校に留学される場合、ビザが発行されるのは通常18歳〜35歳となっています。)

 

入学試験や英語力はどのくらい必要?

 

入学審査は高校の卒業証明書と成績証明書、英語スコア(IELTS/TOEFL)で行われます。高校の成績は極端に悪くなければ審査は通りやすいのですが、英語スコアがみなさん壁になっているようです。

 

入学に必要な英語力はプログラムによって異なるので一概にいえませんが、目安としてディプロマコースIELTS5.0〜、学部IELTS6.0〜となっています。日本でお馴染みのTOEICは利用出来ず、IELTSもしくはTOEFLのみ、英語スコアとして採用されます。
入学審査を受ける時点で英語スコアをお持ちでない方は、大学付属の英語コースにまずは通っていただき、その間にスコア取得を目指していただくことも可能です。

 

気になるマレーシア大学進学の費用は?

 

こちらも大学や学部によって大きく変わってきますが、年間学費で60万円が相場といわれています。学費が比較的高い・低い大学があり、学費に比例して留学生へのサポートや学校施設内の設備、プログラムの充実に変化が出てきます。奨学金制度も豊富に揃えている学校も多いので、入学審査を受ける際に確認しておくのも費用を抑えるポイントになります。

 

マレーシア大学進学はおまかせ!マレーシアへ!

 

必要な英語力や費用などは大学や学部によってさまざまです。そのため、まずはご自身が希望するプログラムをご相談いただき、今後の流れなどをご案内出来ればと思います。「まだ大学も学部も決まっていない!」という方は、一度マレーシアに来てみて、大学見学をすることをオススメします。なお、弊社では大学入学までのサポートを無料で行っています。というのも、日本人学生を紹介するごとに大学から紹介料を頂戴しているため、学生さん側の負担を少しでも軽減したいという思いからサポート費用は頂戴しておりません。

 

マレーシア大学進学、少しでも気になった方は是非おまかせ!マレーシアへお問合せください。

 

留学アドバイザー:渡部 葵

 

☆おまかせ!マレーシア留学

「おまかせ!マレーシア留学」は長年、多くの日本人の方をマレーシア現地にてサポートさせていただきました。
大学進学やインターンシップ、語学留学、親子留学など形はさまざまですが、みなさんの目標実現に少しでもお役に立てることが出来たらと思います。
弊社にはマレーシア在住歴も長く、留学経験があるスタッフもいますので、ご希望や質問などございましたらお気軽にお問合せください!
こちらマレーシアマガジンでの連載では、少しでもリアルなマレーシア大学進学について現地からお届けしますので、お楽しみに!

お問合せはこちらから→http://www.omakase-malaysia.com/

記事掲載日時:2018年07月26日 14:38