icon-plane サラワク州で歩いていた男性がワニに襲われ不明に

サラワク州で歩いていた男性がワニに襲われ不明に



サラワク北部の男が、村の川沿いを歩いている間にワニに奪われる事件があった。現在、レスキュー隊が捜索している。スターが伝えた。

 

7月29日の正午12時、サラワク州のバル・ラワスで、45歳の男性がサンガワ・ラワス川のほとりを歩いていたところ、ワニが襲いかかった。見ていた人は、ワニが男性を川に引き摺り込むのを見たと証言している。

 

マレーシア各地では、河川に依存している農村部で、海水ワニの増加が問題になっているという。中国やベトナム、タイなどではワニ肉は高い経済価値を持っているものの、ワニ撲滅のためのライセンスは発行されていない。

 

版権: saddako / 123RF 写真素材

 

記事掲載日時:2018年07月30日 03:23