icon-plane マラヤ大学がビジターセッションの日本人スピーカーを募集

マラヤ大学がビジターセッションの日本人スピーカーを募集



マラヤ大学の予備教育部日本留学特別コースでは、授業の一環として日本語で学生と話してくれる人を募集している。(マレーシアマガジン=壷井宏泰)

 

マラヤ大学予備教育部日本留学特別コース(AAJ)では、毎年授業の一環として学外の日本人を招いて、学生と日本語で話すビジターセッションを行っている。マラヤ大学ではこのビジターセッションに参加する日本人スピーカー(学生と話をする人)を募集している。

 

条件は、
1日本に留学するマレーシア人と交流を希望する人、2日本文化をマレーシア人に伝えたいと考えている人、3マレーシアの文化について知りたい人
参加すると、ゲームや会話を通じて、お互いの文化を知る貴重な体験ができる。

 

1.日時:2018年9月13日(木)13:50~16:00
2.場所:Ambang Asuhan Jepun, Pusat Asasi Sains, Universiti Malaya マラヤ大学 予備教育部 日本留学特別コース
お申し込み、お問い合わせは担当(西村 nishimura.hisashi@um.edu.my)まで。
締切は9月7日(金)。

 

写真は昨年のビジターセッションの様子。

記事掲載日時:2018年08月31日 10:59