icon-plane 骨董市イベント「KL Collectors Gate way」レポート

骨董市イベント「KL Collectors Gate way」レポート

 

クアラルンプールで骨董市「KL Collectors Gate way」が開催された。(マレーシアマガジン=かりわめぐみ)

 

2018年10月13日〜10月14日、クアラルンプールのLRT線、ユニバーシティ駅に隣接する「KL Gate way mall」で骨董市「KL Collectors Gate way」が開催された。
70店舗のベンダーが参加し、アンティークの食器、限定品のスニーカー、プレミアのついたレコード、懐かしの玩具など、多様な商品を販売。

 

 

 

会場は、モールのグランドフロア中央ホールと中庭の2会場。中央ホールでは、食器や家具、雑貨のほか、真空管トランジスタ、カセットレコーダー、レコードプレーヤーなどのアンティーク商品、自転車やヘルメットまで販売する。井戸の手押しポンプなど、一風変わった商品も売られていた。

 

 

屋外会場では、レコード、本、古着、靴、ミニカー、おもちゃなどが売られている。セックス・ピストルズやエルビス・プレスリーのレコード、ビョークの写真集、ビートルズの「Yellow Submarine」の玩具など大人心をくすぐる商品を取り揃えていた。特に日産スカイラインシリーズのミニカーは人気で、いろいろな店舗で取り扱っていた。DJブースやワークショップも行われ、多くの人が買い物を楽しんでいた。

 

 

 

https://www.facebook.com/events/267335120578434/

 

記事掲載日時:2018年10月29日 11:56