icon-plane eスポーツ「Dota2」の大会「The Kuala lumpur Major」

eスポーツ「Dota2」の大会「The Kuala lumpur Major」

 

11月9日から18日にかけて、クアラルンプールでeスポーツ「Dota2」の大会が開催される。場所はブキッジャリルのAxiata Arena。

 

11月9日から10日がグループステージ、11日から18日はプレイオフ。16日から18日が公開メインステージとなる。賞金総額は100万USドル(約1億1000万円)。トーナメント制でベストチームを選出。3日間のパスがRM180より。

 

勝者は2019年に上海で行われるグランド・フィナーレ「The International」に進出できる。上海大会の賞金は約28億円。

 

インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの6か国は、eスポーツの「ビッグ6」と呼ばれ、東南アジアのeスポーツシェア98%が集約していると言われる。なかでもマレーシアは東南アジア諸国でのeスポーツの拠点を目指しているとされ、今回の開催となった。

 

https://www.thekualalumpurmajor.com/index.php#top

記事掲載日時:2018年10月31日 10:22