icon-plane フィンランド発「スーパーパーク」がマレーシアに上陸

フィンランド発「スーパーパーク」がマレーシアに上陸

 

2018年12月、フィンランド発のインドアパークがクアラルンプールに初登場する予定だ。

 

2018年12月、フィンランド発のインドアパーク「スーパーパーク」がマレーシアに初上陸する。場所はクアラルンプールのショッピング・モール、アベニューK内。詳細な開設日は未定。

 

4万平方フィートの面積に、3つのエリアを持つインドア・パーク。iWall(インドアの障害物ゲーム)、フライング・フォックス、滑り台、キッズジム、野球のネットやバスケットボール、ロボキーパー、ウォールクライミング、スケートリンクなど20種類のアクティビティを用意する。全てのアクティビティにはスタッフの指導がつき、雨や郊外、高い紫外線や虫などを気にせずに遊べる。

 

ヘルメットやスケートボード、野球のバットなどの貸し出しも可能。料金はRM30-50になる見込みで、平日と休日で金額が変わる。

 

スーパーパークはフィンランド発のインドア・アクティビティ・パークで、アジアでは香港やシンガポールに進出している。マレーシアはアジアでは3番目となる。

 

記事掲載日時:2018年11月09日 16:20