icon-plane 筑波大学など日本の大学をマレーシアに誘致予定

筑波大学など日本の大学をマレーシアに誘致予定

KL Malaysia Ma Mag

 

マレーシア政府は、筑波大学、日本デザイナー学院、立命館アジア太平洋大学の分校を誘致する予定があると明らかにした。スターが伝えた。

 

マレーシアのマスズリー・マリク教育大臣は、筑波大学、日本デザイナー学院、立命館アジア太平洋大学の分校をマレーシアに設置する計画があることを明かした。

 

11月6日の声明で、マリク教育大臣は、筑波大学は2020年、日本デザイナー学院は2019年の初めに開校したいと明かした。政府はすでに場所の選択に入ったという。この件については、すでに日本の柴山昌彦文部科学大臣とも話し合っていることも明言した。さらに、「日本の学生がマレーシアでホームステイし、マレーシア文化のユニークさを学ぶ機会を増やしていきたい」とも話している。

 

マハティール首相は首相就任以来3回日本を訪問し、東方政策を強化することを明らかにしている。うち一度は立命館アジア太平洋大学を訪問している。

 

記事掲載日時:2018年11月09日 16:46