icon-plane 2019年1月から外国人労働者に社会保障を義務付け

2019年1月から外国人労働者に社会保障を義務付け

KL Malaysia Ma Mag

 

マレーシアの内閣は、2019年1月1日から、外国人労働者の社会保障保護を実施する。スターが伝えた。

 

マレーシアの内閣は、2019年1月1日から、社会保障機関(Social Security Organisation =Socso)の下で外国人労働者の社会保障保護を実施することを決めた。スターが伝えた。

 

外国人労働者を雇用する雇用者は、従業員をSocsoに登録し、社会保障法1969(Act 4)法の下で雇用傷害制度(EIS)を与えなければならない。EISの給付には、医療給付、一時的無効化給付、永久失効給付、定時出席手当、従属者給付およびリハビリ、葬儀費用を含むRM6,500の送還費用が含まれる。

 

原文はこちら。
https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/11/21/foreign-workers-to-be-covered-under-socso-effective-jan-1/?fbclid=IwAR342anzB05HjF_k-djTheDKKzCMvOmQvJLlbzkJNMhSHr06ZTJ34X8CMxY#may36DKhsjxsCS2G.99

 

記事掲載日時:2018年11月21日 23:43