icon-plane 三井物産がマレーシアの最大民間病院グループの筆頭株主に

三井物産がマレーシアの最大民間病院グループの筆頭株主に

 

三井物産がマレーシアの最大民間医療グループの筆頭株主になることがわかった。

 

三井物産は、マレーシアに本拠地を置くアジア最大手の民間病院グループIHH Healthcare Berhadの株式16%相当を取得、11月28日に株式譲渡契約書を締結した。IHH社は、アジアで最大の民間医療企業。インターナショナル・メディカル大学などを経営する。

 

取得対価は約84億マレーシアリンギット(約2,300億円)。今回の実行で、三井物産は既存持分と合わせIHH社株式32.9%相当を保有する筆頭株主になる。

 

シンガポール、マレーシア、トルコ、インド等9ヶ国で50病院、1万2千床超を運営するアジア最大級の民間病院グループ。高度医療を主とする病院事業の他、臨床検査・画像診断・専門クリニックや医療教育機関も運営しており、アジア広域で幅広く医療・医療関連サービスを提供。

 

三井物産は、2011年にIHH社出資に参画。以降、IHH社のEBITDA及び、病床数は、2011年から2017年の6年間で、それぞれ約3倍強に成長したという。

 

三井物産は2017年5月に公表した中期経営計画において「ヘルスケア」領域を成長分野のひとつに定め、IHH社を核としたアジア最大のヘルスケア・エコシステムの構築を目指す。

 

画像クレジット=123ref

記事掲載日時:2018年12月19日 08:48