icon-plane 日本で「炎上」が起きやすいのはなぜか

日本で「炎上」が起きやすいのはなぜか

 

海外在住者の中には、日本人同士の人間関係が難しい、という声がある。モナッシュ大学の渡部先生は、「日本語」に多くの原因があるのではないかと推測する。どういうことだろうか。

 

なぜか揉める日本人同士

 

この前、日本人の友人から、ある相談を受けた。マレーシアでビジネスを行っている日系企業の中で、日本人従業員同士がすぐケンカをして辞めていってしまうのは、なぜか、というものだった。

 

詳しく話を聞くと、その企業は従業員数が少ない中小企業。日本人とローカルのマレーシア人が混じって仕事をしている。当然のことながら、日本人同士は日本語、マレーシア人とは英語で仕事をすることになる。

 

ある日本人は、マレーシア人とはうまくやれるのに、日本人とはうまくやれないらしい。その日本人に限らず、なぜか日本人同士は、仲が悪くなる傾向が高いという。

 

例えば、日本人のAさんが休暇をとってダイビングに行くことになり、休暇前の仕事を終わらせて退社しようとすると、別の日本人のBさんが
「良いね―ダイビングなんてねー、張り切りすぎて体痛めて仕事休むなんてことにならないようにね」

 

といったことで、Aさんは非常に不愉快になったという。そのようなちょっとカチンとくる会話が何回も続き、不仲に発展するらしい。

 

その話を聞いてから、しばらくしてこんなニュースがあった。現在オーストラリアリーグで活躍する元サッカー日本代表の本田圭佑氏が下記のようなツイートをして、議論になっているというものだ。以下そのツイートを引用する。

 

これに対し、賛否両論起こっているという。賛成側の意見は、たいてい「同意見」「さすが本田選手」といったものだが、反対意見には「極論すぎ」「世の中にサッカーを死ぬほど好きな人はゴマンといるが、それで飯を食えている人はほんの一握り」といった、「論理的」なものもある。

 

本田選手がどのような意図でこのツイートをしたのかは不明だが、ひとつ重要な点は、これが本田選手の個人的な生き方を述べたものなのか、一般論を述べたものなのかが不明瞭なことだ。

 

主語を曖昧にする日本語の危険性

 

本田選手が、『「時間を忘れるくらい好きな事ならどんな事であっても必ず食っていける」と自分は考えている』といったならば、反対意見はほとんど起きなかっただろう。これは本田選手の個人的な生き方を述べているにすぎないからだ。もしかしたら彼は自分の信念を述べたかっただけなのかもしれない。

 

だがこの書き方は一般論と取ることも可能だ。一般論ならば、上記のような反論が出てきても当然だろう。

 

もしこれが英語のツイートならば、どうだろうか。日本語と決定的に違うのは、英語には主語が必ず必要となるという点だ。それはつまり、上記の本田選手のツイートが、I thinkで始まるものなのか、そうでないのか、書き方によってはっきりわかるということだ。

 

そうすれば、少なくとも誤解による炎上は起こらない。

 

冒頭の日本人同士の会話についても、そのまま英訳するとあまり嫌味要素は感じられないだろう。むしろ本当に心配しているように感じる。英語で嫌味を言うなら、もっとはっきりと違う表現をしなくてはならない。

 

そのように考えると、日本語の中には、文脈によって解釈の異なる言葉や表現がいくつもある。話す側と解釈する側との間に誤解を生んでしまう可能性が高いのだ。

 

例えば「お前、それやめろよ」というセリフが意味するものは幾通りにも解釈できる。シリアスな場面かもしれないし、お互いにふざけている場面かもしれない。このセリフを「あなた、それはやめなさい」に変えたら、多分シリアスな場面だと思うだろう。

 

だが、普段の会話では日本人は幾通りにも解釈できる表現をよく使用する。そこで、文脈を共有しない日本人同士だと誤解が生じる可能性が高くなる。

 

それを避けるには、文脈を共有するか、徹底的に正確な日本語表現を心がけるしかないはずだ。

 

どれを選ぶかは個人の自由だが、筆者は以前にも書いたとおり、英語で表現できる程度の日本語だけを使うように心がけている。主語もできるだけつける。そうすることで、誤解を避けられるし、外国人と話すときも同じ思考法でいられる。

 

そのかわり、日本語の持つ微妙なニュアンスは使えない。「しょうがない」「やぶさかではない」「やばい」などの表現は、日本語会話でも文脈によってニュアンスは大きく異なる。だから筆者はふざけて確信的に使うとき以外、そういう表現は日本語でも使わないようにしている。そうすると嫌味など、裏の意味のある表現はしなくなる。不満のあるときには、ストレートに表現するしかなくなるのだ。

 

だが、それこそが、国際的なコミュニケーション力のためには必要なことだと、筆者は思っている。

 

 

渡部 幹(わたべ・もとき)
モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授

 

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。社会心理学を中心として、社会神経科学、行動経済学を横断するような研究を行っている。また2008年に共著で出版した講談社新書『不機嫌な職場』が28万部のヒットとなったことをきっかけに、組織行動論、メンタルヘルス分野にも研究領域を拡げ、企業研修やビジネス講師等も行っている。
代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。

 

記事掲載日時:2018年12月22日 09:35