icon-plane マレーシア初の「街コンin KL」参加レポート

マレーシア初の「街コンin KL」参加レポート

 

クアラルンプールで、マレーシアに生活する人の出会いを目指した「街コンin KL」が開催された。(マレーシアマガジン=壷井宏泰)

 

2019年1月27日(日)18時30分から、Wisma TraxのHALLAWAY KLにて、「街コンin KL」が開催された。クアラルンプールに生活する人々の出会いを目指す、カジュアルに、気負いなく楽しめるパーティー。主催は街コンKL実行委員会。

 

男女各50名の募集人数を大幅に上回る約200名が参加した。

 

18時30分の開始直後からマレーシア住みます芸人のキンジョーさんの名司会で会は盛り上がった。席替えやイベントも実施し、参加者同士で新たな出会いがたくさん生まれていた。

 

 

参加者の一人横川麻那美さんは「以前、台湾で働いていた時にも街コンがあり、そこでたくさんの仲間を作ることができた。今回はFacebookで案内を見つけてすぐに応募した」と語った。また、「一人で参加することに不安を感じて事務局に問い合わせたが、丁寧な返事をいただいて安心して参加した」という声もあった。

 

日本人以外の参加者が約2割。参加者のREXさんは「大好きな日本人の友人をたくさん見つけるために参加した」と語った。

 

 

今回のイベントの責任者である麺屋一優亭の関一優さんは「今後も男女の出会いに限らず、クアラルンプールで暮らす素敵な仲間を見つけられる場を提供したい。次回はブキビンタンやデサスリハタマスなどでの開催を検討している」と語った。

 

記事掲載日時:2019年01月28日 18:56