icon-plane マレーシア国内でハラル美容市場が成長中

マレーシア国内でハラル美容市場が成長中

 

ハラルという言葉は一般的には食べ物や飲み物に関連しているが、マレーシアではパーソナルケアを含むすべての分野でハラル認証製品の需要が高まっている。2月3日アラブニュースが伝えた。

 

パーソナルケアに分類されるハラル化粧品は、アルコールおよびイスラムの慣習に従って屠殺されていない動物の血液や部位を含まないものでなければならない。

 

マレーシアの歌姫シティ・ヌールハリザによって設立されたSimplySitiは、ハラル認証された化粧品、フレグランス、スキンケア製品を提供している。またクララインターナショナル、ジョンソン&ジョンソン、シルキーガール、ウィプロウンザなどの大手企業もこぞってハラル市場の潮流に乗ろうと躍起だ。

 

世界のイスラム教徒人口の3分の2がアジア太平洋地域に住んでおり、イスラム教徒の人口は世代が若く、良好な経済的見通しを持っている。

東南アジアに位置するマレーシアは、この地域におけるハラル市場のハブになることを目指しており、2017年には地元のハラル産業がマレーシアの国内総生産の約7.5%に貢献した。

http://www.arabnews.com/node/1446446/lifestyle

 

記事掲載日時:2019年02月11日 15:01