icon-plane マレーシア国際ハラル・ショーケース(MIHAS)クアラルンプールで開催

マレーシア国際ハラル・ショーケース(MIHAS)クアラルンプールで開催

 

マレーシア国際ハラル・ショーケース(MIHAS)がクアラルンプールで開催されている。(マレーシアマガジン=出水麻野)

 

マレーシアのハラル食品や製品のイベント「MIHAS(Malaysia International Halal Showcase)」が2019年4月3~6日の4日間、クアラルンプールのMITECで開催されている。

 

MIHASは、マレーシアの国際貿易・産業省の主催、MATRADE(Malaysia External Trade Development Corporation)の企画。昨年は2万1000人以上が来場した。

 

今年は、昨年以上の規模となり、40ヵ国から1000社以上が出展する。展示は、飲食料品、医薬品、化粧品、ファッション、金融、ツーリズム、E-コマース、物流と多岐にわたる。ほかにも、トークイベントやデモンストレーションなど多数のプログラムが複数の会場に分かれて開催される。

 

 

日系企業では、味の素冷凍食品(株)、日本食研(株)、Maruzen Chemicals (Malaysia) SDN.BHD、伊賀牛の奥田、(株)丸十大家、(有)桃太郎食品、ニッコールグループなどが出展。初日の取材では、伊賀牛の試食に多数の来場者が集まっていた。またMaruzen Chemicalsの担当者は、同社の取り扱う(株)南山園の抹茶とほうじ茶のパウダーが例年以上の引き合いを得ていると手ごたえを語ってくれた。

 

モデスト・ファッション・ショーでは、マレーシアの新進気鋭のデザイナーら数名によるコレクションが披露された。

 

MIHAS公式ホームページ:http://mihas.com.my/

 

記事掲載日時:2019年04月04日 10:22