icon-plane サンウェイメディカルセンターで注目される2つの治療

サンウェイメディカルセンターで注目される2つの治療

 

マレーシアの総合病院サンウェイメディカルセンターで、日本では受けられない2つの治療を受けることができます

 

~ ペプチド受容体放射性核種療法(PPRT) ~
~ ルテチウム-177前立腺特異的膜抗原(PSMA)療法 ~

 

神経内分泌腫瘍(NET)に効果が実証されているペプチド受容体放射性核種療法(PRRT)、ならびに転移性前立腺がん細胞に効果が約束されたルテチウム-177前立腺特異的膜抗原(PSMA)療法が、マレーシアの総合病院、サンウェイメディカルセンターで受けられることとなりました。(PR)

 

ペプチド受容体放射性核種療法(PPRT)とは

 

こちらは分子療法(放射性物質療法)で、特定の放射性物質で神経内分泌腫瘍(NET)を狙い撃ちにします。NETは内分泌細胞と神経系のがんで、腸でよく見つかり、膵臓、肺、他の部位でも発症します。
PRRT療法はがんの進行を大幅に遅らせ、生存期間を伸ばし、生活の質を改善します。
当治療法のメリット、パッケージ価格等については、こちらをご確認ください。

 

 

ルテチウム-177前立腺特異的膜抗原(PSMA)療法とは

 

ルテチウム-177 PSMA療法は、前立腺がん細胞を狙い撃ちする、高い効果が約束された新たな治療法です。低線量の放射線を使用し、PSMA療法はがん細胞の増殖を抑制し、主要に関連する諸症状を緩和します。当治療法のメリット、パッケージ価格等については、こちらをご確認ください。

 

 

いずれの療法も、外科手術、化学療法は無用です。

 

経験豊富、確かな技術、最新機材を誇るサンエウィメディカルセンターでの治療を、ぜひご検討ください。
なお、日本在住で本治療をご検討の方は、ホテル手配、送迎手配を含め、以下の連絡先へ日本語でお問い合せください。

 

お問い合せ先:
サンウェイメディカルセンター 国際患者さまセンター(日本語可)
電話番号:+603 7494 1098
E-MAIL:smc_inthelpdesk@sunway.com.my
サンウェイメディカルセンター詳細:www.sunwaymedical.com

 

記事掲載日時:2019年05月23日 18:25