icon-plane サバ州東海岸沿岸で誘拐事件発生の恐れ

サバ州東海岸沿岸で誘拐事件発生の恐れ

 

在マレーシア日本国大使館では、サバ州東海岸沿岸への渡航について、注意を促している。大使館によれば以下の通り。

 

サバ州東海岸沿岸で,アブ・サヤフ・グループによる誘拐事件発生のおそれがあります。十分お気を付けください。

 

● 国際海事局海賊情報センター(The IMB Piracy Reporting Centre)によれば、フィリピンの武装グループ,アブ・サヤフ・グループとされる武装メンバー7名程度が,フィリピン南部・シタンカイ島付近において,白とグレーに色付けされた船舶に乗船し,誘拐の準備を行っているとの情報が確認されたようです。
● この情報は,7月15日に再評価されるまで有効です。
● 彼らは,マレーシア・サバ州東海岸のセンポルナ沿岸,あるいはその沖合水域において,旅行者や漁民らを対象に誘拐を実行する模様です。
● 船舶で,サバ州東海岸沖及び同周辺海域を通過する際は,特に警戒を強めるよう呼びかけられています。なお,当該海域は「危険情報レベル3:渡航はやめて下さい(渡航中止勧告)」が発せられています。
● この海域は,先月18日,漁民10名が誘拐される事件が発生したばかりの場所です。上記海域を航行中,あるいは航行予定のある皆様にあっては,周辺の警戒を怠らないようにしてください。また,その他の皆様も,当該海域では誘拐リスクが非常に高いことを認識し,現地には赴かないようにしてください。

 

写真提供=123ref

記事掲載日時:2019年07月08日 19:15