icon-plane ジョホール州沖で,海賊による攻撃が発生

ジョホール州沖で,海賊による攻撃が発生

 

在マレーシア日本国大使館は、ジョホール州東方沖で海賊による攻撃が発生したことから、注意を呼びかけている。

 

7月22日、ジョホール州東方沖で海賊が韓国船籍の船を攻撃し、現金を奪い取る事件が発生した。被害地点はマレーシアとインドネシアの間の海上交通路。在マレーシア日本国大使館は、これを受けて注意を呼びかけている。大使館からの注意内容は以下の通り。

 

マレーシア・ジョホール州メルシン東方沖の南シナ海で,海賊による攻撃事案が発生したとの情報に接しております。被害地点は船舶の往来が激しい海上交通路ですが,今後の関連情報にご注意いただくとともに,十分お気を付けください。

 

●ジョホール州メルシンから東方約150キロほど離れた,南シナ海沖合の海上交通路において,22日午前、韓国船籍の貨物船が海賊による攻撃を受け、現金を奪い去られたとの情報に接しております。
●貨物船は21日にシンガポールを出航し,韓国に向けて航行中,被害に遭遇した模様で,現在は平常通り航行中であるとのことです。
●被害地点は,マレーシアとインドネシアの間を通る,船舶の往来の激しい海上交通路ですが,海賊に関する詳細な情報は入っておりません。当該海域を航行中,あるいは航行予定のある皆様にあっては,周辺の警戒を怠らないようにしてください。また,その他の皆様も,当該海域でのリスクを十分認識の上,注意を怠らないようにして下さい。

 

写真=123ref
写真はイメージです。

記事掲載日時:2019年07月23日 08:30