icon-plane 第5回 マレーシアで活躍する日本人選手

第5回 マレーシアで活躍する日本人選手

 

マレーシアで活躍する現役サッカー選手・中武駿介選手がマレーシアサッカーについて紹介していくこのコラム、第5回目はマレーシアでプレーする日本人選手を紹介します。

 

皆さんこんにちは。

 

Negeri Sembilan FAの中武駿介です。

 

マレーシアサッカーについて紹介していくこのコラム、第5回目はマレーシアでプレーする日本人選手を紹介します。現在マレーシアでは僕を含め5人の選手がプレーしています。

 

スーパーリーグ(1部)のFelda Unitedでプレーするのが、池田圭選手と渡邉将基選手。この2選手は同い年であり、2009年にサガン鳥栖へ同期入団。池田選手は2018年までサガン鳥栖でプレー、渡邊選手は他4つのJリーグチームでプレーしていました。

 

そして2019年、同じ年にマレーシア、Felda Unitedに加入したのです。すごい縁ですね。

 

Felda Unitedは今シーズン低迷しましたが、池田選手はFWとして得点に絡み、渡邉選手はDFとしてチームを支え続け、見事残留を果たしました。

 

プレミアリーグ(2部)のTerengganu FCⅡでプレーするのはブルーノ鈴木選手です。

 


彼はJリーグやシンガポールでのプレー経験もあり、マレーシアでのプレーは今年が3年目。僕も彼とはマレーシアではもちろん、シンガポールでも対戦しています。毎シーズン10得点近く得点し続けチームのエースとして活躍しています。

 

鈴木雄太選手はM3(3部)でプレーする唯一の日本人選手。カンボジアリーグでのプレー経験もあり、今年からサラワク州のKuching Faでプレー。開幕から現在まで全試合に出場し、中心選手として首位争いをするチームを牽引しています。

 

次回はTerengganuⅡに所属するブルーノ選手にインタビューすることができたので、
その様子をお届けします。

 

お知らせ

 

現在僕が行っている、プロを目指す選手、向上心を持った選手やその親御さんに対して、プロになるまで、プロとしての経験を伝える「カフェトーク」。次回は9月にPlaza Mont Kiara内のカフェ、What’s On Tapにて実施予定です。
「こんな状況の時はどうしたらいい?」「これってどうやるの?」といった悩みや、疑問を持った選手にもアドバイスしていきます。
僕が直接コーチする、プライベートレッスン、グループレッスンも随時ウェブサイト、FBページより受け付けています。詳細はこちらから。
web page info@shunsukenakatake.com
FB https://www.facebook.com/take.football.jp/

 

記事掲載日時:2019年08月29日 12:09