icon-plane モンスーンの下で―マレーシアから見た東南アジア史 

与党大連立政党、国民戦線はどのように誕生したのか

マレーシアでは下院選挙が近づいています。前回に引き続きマレーシアの政党の話です。マレーシアにいれば、自ずと「バリサン・ナショナル」またはBNという言葉を聞くことでしょう。日本語で「国民戦線」と訳し...

マレーシア与党UMNOと創設者ダトー・オン

 今年はマレーシアの下院選総選挙の年です。下院議員の任期満了は6月24日までとなり、その前に解散がなければ、この日から60日以内に選挙が実施されます。マレーシアの政党について触れる機会はあまりないの...

人気観光地キャメロン・ハイランズ

観光客に人気のパハン州のキャメロン・ハイランズ。ここは昔から西洋人の避暑地として有名で、現在は国内随一の野菜の生産地としても知られています。しかし、あの山の中になぜ避暑地を造りあげたのでしょうか。 ...

第13回 マレーシア人の歴史への関心

 あけましておめでとうございます。今年も何卒ご愛読をよろしくお願い致します。  さて、今回は少し趣を変え、マレーシアの人たちが自分たちの歴史の対してどのくらい関心があるのかについて話してみたいと思い...

第12回 マレー半島の陸路交通網の発達

ほかの発展途上国と比べると、マレーシアの道路はどこもかしこもきれいに舗装され、よく行き届いていると感じます。また、鉄道は逆にあまり発達していないのです。前回は空路の歴史でしたが、今回は陸路交通網がど...

第11回 空港と航空会社の誕生

マレーシアの格安航空エアアジアが価格破壊に成功してから、ここ数年、世界各地で格安航空が増加しています。安価な航空券が買え、世界中どこへでも行けるようになりました。しかし、空路での移動はもともと、20...

第10回 プトラジャヤの発展

 クアラルンプールから車で約一時間で行ける行政都市プトラジャヤ。市内はクアラルンプールやほかの都市とは違って、まるで中東の街のような佇まいで、きれいに整っています。この街の歴史は前回のクアラルンプー...

第8回・クアラルンプールの始まりと発展

 マレーシアの首都として知られるクアラルンプール。この街はスズ鉱山と共に発達してきたのですが、あまりその起源については知られていません。今回はこの街がどのように作られ、マレー半島の中心地となっていっ...

第7回 ブミプトラは誰? 優遇政策とは何?

   日本人の間で知れ渡っている「ブミプトラ優遇政策」。文字通りブミプトラと呼ばれる人々を優遇する政策であることは知られていますが、果してブミプトラとは誰のことを指しているのでしょうか。また、この政...

第6回 マレーシアの象徴と遺産としてのツインタワー

 今やマレーシアの観光名所として不可欠なのがクアラルンプールのツインタワー。下層階はショッピングモールで、上層階は国営石油会社ペトロナスの本社になっています。今回はマレーシアの象徴となっているこのタ...