icon-plane モンスーンの下で―マレーシアから見た東南アジア史 

第48回  増えゆくモスクの行方

マレーシアで日本と異なる風景の一つにモスク(イスラーム寺院)の存在が挙げられるでしょう。マレーシアはイスラーム教が国教として定められており、国内には多くのモスクがあります。そしてこのモスクは今も増え...

第47回 言語別に発行されてきた新聞史(後編)

前回はマレーシアで新聞がどのように発刊されてきたのかを振り返りました。今度は英国・日本の植民地を経て、その後どのようにおなじみの新聞が発行されてきたのかを見てみましょう。 20世紀前半は新聞創刊の...

第46回 言語別に発行されてきた新聞史(前編)

マレーシアの新聞業界は現在、苦境に立たされています。日本と同様にネットの普及で紙の媒体が売れなくなってきているからです。先日もマレー語新聞『ウトゥサン・マレーシア』の廃刊騒ぎがあったばかりです。今回...

第45回  ハラール産業がなぜ盛んなのか

マレーシアのハラール認証は世界でも厳しい認証として有名です。近年は日本でも注目されていますが、さて、この認証システムはいつからどのような形でできてきたのでしょうか。 ハラールとはそもそも何か? ...

第44回 いつになったら麻薬はなくなるのか

マレーシア国家警察は先ごろ、2019年7月まで麻薬関連で逮捕された容疑者数が9万5000人を超えたことを発表しました。うち約4万5000人が麻薬使用者だったということです。ここ数カ月の間でも麻薬で逮...

第43回 マレー人たちは本当に働かないのか?

今回はマレー人たちの労働観についてです。マレーシアで働いていると、「ローカルは働かないなあ」といらだつ日本のビジネスマンによく出会います。確かにそう思われるところもあるのですが、ちょっと待ってくださ...

第42回 東京オリンピックでマレーシアは金メダル獲得なるか?

バトミントン選手のリー・チョンウェイ(36)さんが6月13日、引退を発表してしまいました。彼は次回の東京オリンピックでマレーシア初の金メダルを期待されていました。多くの国民が残念がるなか、果たしてマ...

第41回 クラン河について

クアラルンプールを流れるクラン河。クアラルンプールには河川が多いのは知られていますが、そのなかでもクラン河は重要です。今回はクラン河に関わる歴史についてまとめてみました。 クアラルンプールの発展に...

第40回 ブキ・ビンタンのモール攻防史

クアラルンプール随一の繁華街ブキ・ビンタン。ショッピングモールが集まり、連日多くの人々が訪れています。しかし、この商業地区がどのような経緯で、現在の形になったのかは知られていません。今回は、断片的な...

第39回 スリランカにも「マレー人」が住んでいる

インドの南にある島国スリランカで4月21日、教会やホテルなどで爆発があり、日本人を含む200人以上が死亡する事件がありました。またもやイスラム武装組織との犯行と指摘されていますが、イスラム教が国教で...