icon-plane 多様性の国マレーシアで見つけたこと

自分の中の他人の目を気にして生き難くなる日本人

「他者からの評価」「他人の目」を気にする日本人の気質はよく語られている。しかし、実際のところそこまで本当に他人のことを気にしているのか? 日本型村社会の要因を、渡部先生に深く分析してもらった。 こ...

マレーシアで芸術を学ぶのが難しい理由

マレーシアにはヨーロッパや日本のように多くの芸術大学が存在していません。渡部先生は米国とマレーシアは伝統が少なく多文化を受け入れる点で似ているのではと指摘しています。 先日、パレスチナ人とスイス人...

日本で「炎上」が起きやすいのはなぜか

海外在住者の中には、日本人同士の人間関係が難しい、という声がある。モナッシュ大学の渡部先生は、「日本語」に多くの原因があるのではないかと推測する。どういうことだろうか。 なぜか揉める日本人同士 ...

日本の仕事はなぜ複雑化するのか

日本との仕事は何重もの「委託業者」が間に入り、複雑化することが多い。それには、日本独特の慣習と、コミュニケーションの特徴が大きく関係しているようだ。 先日、こちらで「エージェント」のお仕事をしてい...

なぜマレーシア人には「語学の天才」が多いのか

マレーシアにきて、マレーシア人の語学能力に驚いた経験を持つ方も多いのではないでしょうか。日本語もYoutubeで自習して覚えたという人が少なくなく、文章を書ける人もいます。果たして、なぜ彼らはここま...

「堤防」決壊後の社会を、どう生きるのか

日本型の社会が揺らいでいる。グローバル時代のキャリアパスとはどういうものか。どういう人材が必要になるのか。モナッシュ大学の渡部先生に語ってもらった。 先日、日本に帰国した際、東京に住んでいる社会人...

ライバルを日本ではなく世界におこう

「人は自分と他者を比較するが、自分を傷つけないように比較のしかたを変える」という理論がある。例えば、サッカー少年にとって、メッシやクリスティアーノ・ロナウドは憧れの対象だが、同じプレイヤーとしての比...

多様性に慣れるにはどうしたらいいのか

日本は多様性の少ない国と言われる。「違う人々」への接し方がわからない人は多い。どのように多様性に慣れればいいのだろうか。 少し前、インターナショナルスクールに通う娘の持ってきた宿題に面白いものがあ...

「名誉の文化」とはなにか

日本から来た人からは、「海外の人たちは怒るとすぐにやめてしまう」という声をよく聞きます。これは「名誉の文化」というものと関係あると渡部先生は話します。どういうことでしょうか。 マレーシアでマレーシ...

多様化の中のコンフリクト・マネジメント

今回は「コンフリクト・マネジメント」つまり争いの収め方についての話です。日本風の「喧嘩両成敗」では、多様化する社会での争いごとをマネジメントして行くのは難しい。では、多様性ある社会で必要なコンフリク...