icon-plane マレーシア新感覚のホテル&隠れ宿巡り Dorsett Residence

マレーシア新感覚のホテル&隠れ宿巡り Dorsett Residence

 

繁華街近くで便利!!新築のコンドミニアムタイプのホテルin Bukit Bintang
 
Dorsett Residence(ドーセットレジデンス)

 

こんにちは! マレーシアは雨期に突入。最近雨が多くて少しテンション低めの日本人妻アヤです。

 

今回ご紹介するのは、クアラルンプールのブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)エリアにある新築のコンドミニアムタイプのホテルです。繁華街のすぐ近くにあり、あの有名なザ・リッツ・カールトン クアラルンプール(The Ritz-Carlton, Kuala Lumpur)の横のコンドミニアム。

 

ジャランインビ(Jalan Imbi)というブキッ・ビンタンエリアの端の道路に面しています。中心地は渋滞が凄いですが、ここならGrabタクシーやお迎えの車もpick upしやすいので便利です(中心地ほどではないですが、時間によってはここも渋滞します)。

 

MRT1号線のブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)駅またはMonorailの同名駅にも徒歩約10分なので旅行客の方には特にオススメです。2017年9月に出来たばかりの新築のコンドミニアムで、客室はクラシックモダンな雰囲気の内装でとってもオシャレで綺麗!

 

 

屋上には開放感たっぷりのKLCCビューのインフィニティープールとジム! ! 観光で疲れたら1日はホテルステイをして、プール、ジムをふんだんに使うのもいいですよー(#^^#) ツインタワーを見ながらのプールは贅沢過ぎます! 木の奥の建物がジムです。

 

 

ツインタワーもKLCCにも近いです。頑張れば歩いて行けます。

 

 

リビング&ダイニング。キッチンには生活に必要な家電はほぼ揃っているので、ロングステイ、ショートステイの方にもオススメです。マレーシア在住の方で、週末たまにはこういうコンドミニアムで贅沢に過ごしたいと考えている方も是非! 何と言ってもこの優雅な雰囲気に包まれて素敵なステイができるって夢のようです。

 

 

ベットルームもクラシックモダンで統一されています。ベット横の鏡もデザイン入り。

 

 

バスタブ付きの部屋もあります。ガラス張りでしかもテレビモニター付き!(日本のテレビは見れません)
ここは2LDKの部屋ですが、マスターベットルームにバス、トイレが付いていて、それ以外にもう1つシャワー&トイレルームがあります。マレーシアのコンドミニアムは2ベットルーム以上だとシャワー&トイレが2つ以上ある事が多いので、何人かで泊る時は便利です。

 

コンドミニアムタイプのホテルに宿泊するメリットは
1、2LDK以上の部屋だと、シャワー&トイレルームが2つ以上ある事が多い。
2、リビングで集まれて、ホテルでもみんなでワイワイ出来るので楽しい!
なので3人以上の家族や友達同士の旅行の時などは、コンドミニアムタイプのホテルへの宿泊をオススメします。

 

 

こちらがジムルーム。マレーシアの都心とプールを眺めながらのスポーツ! 日本ではなかなか体験できないですね。是非心身ともにリフレッシュして下さい!

 


入り口のロビーには大きなゆったりしたソファーがあり、お迎えの車を待つ間もリラックスできます。

 

 

その他のより詳しい情報はこちらをご覧ください:Tabiniko(タビニコ)

 

押さえておきたいお得アヤ情報

 

・チェックインは、隣の姉妹ホテルのドーセットクアラルンプール(Dorsett Kuala Lumpur)の受付にて行います。
・このコンドミニアムはマレーシアでは珍しい立体駐車場となっています。運転する人は是非ご体験を(日本は珍しくないですが)。

 

Dorsett Residenceのセールスポイント
「繁華街まで徒歩約8分」+「新築でクラシックモダンの内装がオシャレ」+「プールやジムからツインタワーが見える」

 

 

予約、お問い合わせはこちら

 

Tabiniko Blog Home page:

タビニコ(Tabiniko)  「Facebook : E & A WORKs」
TEL : 016-202-2871(日本語)マレーシア国内, 012-342-2022(日本語&英語&中国語&広東語&マレー語)マレーシア国内
Email : ekkl2020@gmail.com
その他、イベントでの水引や折り紙のワークショップ等や日本のディスプレイ、ISETAN The Japan Storeにて水引教室、水引きアクセサリー販売なども行っております。E&A Worksへ超お気軽にお問合せ下さいませ。
 

記事掲載日時:2018年10月01日 08:16