icon-planeマレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは。野本です。

 

2018年にオープンするというペニンシュラ・インターナショナル・スクールに話を聞いてきました。
セティア・シティモールのそばに工事中。本学校のほか、コンドミニアムや店舗などを複合的に開発します。

 

School View5-CD1

経営は不動産・メディアを持つ複合企業。マレーシアの学校には多いパターンです。

 

Year1からYear12までの生徒をオーストラリアのビクトリア式プログラムで教育します。「英国式とIB中心のマレーシアに別の選択肢を持ち込みたい」と、オーストラリアから誘致しました。本校はオーストラリアにあります。

 

カリキュラムにダンスやドラマも

 

一発の試験でが決まるイギリス式と違って、オーストラリア式は授業態度などを加味し、VcEという試験と合わせて卒業可能かを総合的に判断します。オーストラリアは州ごとに制度が違いますが、最終的にはどこもAtarという点数に換算します。

 

試験一発でないので、とにかく英語で苦労する日本人には向いているかもしれません。
コンドミニアムから歩いて通える距離なのも良いですね。

 

英語のサポートはしてくれますが、英語力ゼロでは難しいとのこと。
「基礎的な英語力はつけてきてください」とのこと。
入学数ヶ月までに集中的に勉強してくることをお勧めするそうです。

 

ユニークなのがカリキュラムです。正規の授業の中に「ダンス」「ドラマ」「メディアアート」「ビジュアル・アート」などの教科が入っています。

 

「知識だけではなく、スキルーー例えば質問をしたり、真偽を見極めたり、結論を説明したりする、クリティカルでクリエイティブな力を養います」とのことで、IBに近い印象を受けました。
実際に学校のキャサリンさんも「IBとイギリス式の中間をイメージしてもらえれば」と話しています。

 

オーストラリア式は「勉強がゆるすぎる?」

 

オーストラリア式というと「勉強がゆるすぎる」というお母さんも多いのですが……と言ってみたら、苦笑しながら「暗記に慣れた世代にはそう見えるのでしょうね。でも、もう暗記教育の時代は終わりました。マレーシアの公立学校も未だに暗記と長時間学習が中心です。学校が終わった後に塾に行かせ、混乱しているお子さんもいますよ」と教えてくれました。

 

この学校では教育はすべて学校で提供するそうで、放課後に塾に行くことは勧めていないそうです。
「どうか塾には行かせず休ませて欲しいですね」とのことでした。

 

 

学校の開校は来年の1月です。
マレーシアには、新しいインターナショナルスクールがどんどんできて、選択肢も増えて来ました。
面白いです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/06/20  Posted in 学校

こんにちは! 野本です。

 

学校の休みにフィリピンで親子で英語を勉強してきました。
もう数回めですが、「英語だけ」なら私、マレーシアよりフィリピンをお勧めします。

 

理由はいくつかあるのですが、

 

・学校の選択肢が多い

 

スピーキングに向いた学校、ライティングに力を入れている学校などいろいろある上、多国籍の学校、日本人に特化した学校など選べます。

 

・発音がわかりやすい

 

マレーシア人に比べ、フィリピン人の発音の方がわかりやすいという日本人が多いです。(私はマレーシア人の方がわかりやすいと思いますが……笑)

 

・マンツーマンで学習できる

 

初心者にとって、マンツーマンで学習できることのメリットは計り知れません。恥ずかしくない。何度でも聞き返せる、会話に割り込まなくても話せる、などなど。
人件費の高いマレーシアではこれを実現するのが難しいです。

 

・日本人を教えるのに慣れている

 

韓国人が始めたフィリピン留学、今では一説によると500校以上の学校があるとか。それだけに、どの学校も生徒を呼び込むためにさまざまな工夫をしており、また外国人(特に韓国人と日本人)を教えることに慣れています。

 

小学生高学年や中学生がいきなりマレーシアに来ても、学校は語学学校ではないので、授業の内容について行くのは大変です。
日本の中学校に日本語ゼロの子がいきなり来て、社会や理科を理解するのが難しいのと同じですね。
マレーシアにも英語学校はあるのですが、マレーシア人の英語学校に対する需要は少なく、IELTSやTOEFLに特化したものが多い印象があります。
ただし、多文化・多民族のよさを体験するなら、やはりマレーシアの方がいいかな……。

 

マレーシアから数時間でいけるフィリピンでは、合宿形式でまとめて勉強できます。
子供が一人でもいける学校もあります。
今回、私自身は目的だったBrightureという学校に入りましたが、子供は一人で別の学校にお世話になりました。

 

ブライチャーについてはもはやマレーシアには関係ないので個人ブログに書きましたので、ご興味ある方はどうぞー。

 

フィリピンで英語を勉強してきました

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/06/13  Posted in 海外生活

study-1211866-638x425

 

こんにちは! 野本です。現在、フィリピンの語学学校に滞在中です。

 

さて、私は元アップルの松井博さんが作った「ブライチャー」という学校で、
初めて米国式のビジネスライティングを習ってます。

 

英文メールには余計なことは書かない

 

英文メールの書き方について、最初の授業で言われたこと。

 

・メールは短く
・要件は1つに絞る
・余計なことは書かない
・タイトルを読んで内容が分かるようにする

 

相手は忙しいのです!

 

わああ。そうだったのか。

 

……考えたら当然ですよね。

 

そういえば、マレーシア人からたまに受けるクレームも同じです。

 

「日本人のメールは長すぎて読みにくい」
「あれこれ詰め込んで何が言いたいのか不明」
「プレゼンが長すぎて意味がわからない」
「要点を絞ってほしい」

 

なんど言われたかわかりません……。

そう、長すぎるメールは読んでもらえないんです。

 

長大なニュースリリースはNGです

 

これ、ニュースリリースにも感じますね。

 

英語でも、何ページもあるような大作ニュースリリースを送ってくる日本人がいます。
デザインに凝ってどこから読んでいいのかわからないリリースも然りです。

 

多分、日本式の「これだけ頑張ったんです」アピールなんだと思います。
日本の学校では「努力したこと」が何より評価されますから。

 

しかし、かなりの確率で読まれてません。
タイトル読んでも何が書いてあるかわからないと、読む気が失せてしまいます。
あれもこれもとアピールしたくなるのはわかりますが、全く逆効果です。

 

頑張ったぜアピールは上司にしてもらって、
ポイントだけ説明してくれた方が効果的です。

 

 

私もこれから気をつけようと思います。
長すぎるメール、ニュースリリース、読み飛ばされる危険性が大ですよ……。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/06/06  Posted in 雑記